中四国地区の遺品整理専門会社「中四国整理センター」 家の片付け、ゴミ屋敷片付けもご相談ください。
  • 家片付け・遺品整理の中四国整理センター

遺品整理に関する不安解消

  • HOME »
  • 遺品整理に関する不安解消

具体的な遺品整理の方法以外にも知っておくと不安解消に繋がる

遺品を整理し、処分することに抵抗がある方へ

どうしても抵抗感が拭えないときは、無理に遺品を整理する必要はありません。もっと長い時間を掛けて心が落ち着いてから遺品整理しても良いのではないでしょうか。
遺品整理とは、遺品だけを整理することではありません。遺品と共に故人への想いも整理することも遺品整理の1つなのですから。

 

供養やお炊き上げについて

仏教道では故人の魂はお墓や位牌に宿ると考えられ、遺品に魂が宿るという考えはないようです。
しかし一方では、世間的に物には時として持っていた方の想いが宿るといわれています。
また、供養やお炊き上げには遺品整理する人の精神的な負担を軽減する効果があるとも言われています。

遺品の整理時に供養やお炊き上げが必要かどうかは、あなたの想いや考え方でその答えは異なってきます。

 

遺品整理を開始する時期

各々の住宅事情によって、遺品整理を開始する時期は異なります。自己所有の場合と賃貸住宅の場合の2つに分けてお伝えします。

【自己所有の場合】

早くて四十九日、通常は一周忌や三回忌のときに開始されておられます。
遅い方だと七回忌や十三回忌に開始されることもあります。
さらに時間を掛けたい場合は、二十七回忌や三十三回忌時に遺品整理を開始される方もいるほどです。

親族の意向、住宅事情に合わせて、遺品整理を開始されているのが一般的です。いつまでにしなければ故人に申し訳ないと負担に感じる必要はありません。

【賃貸住宅の場合】

通常、葬儀終了後、三日~一ヶ月の間で開始されている方が多いようです。
特に月末が近いと、家賃の関係で遺品整理を早めに開始される傾向があります。
また賃貸契約上や大家さんの要望で、翌月末には部屋を引き渡さなければならないことが多いようです。

見積もり、相談何度でも無料。お気軽にお電話ください。 メールでのお問い合わせ

中四国全域の遺品整理・家の片づけは 今すぐお電話ください TEL 0120-755-747 電話受付 08:00~19:00 メール受付24時間

PAGETOP
Copyright © 2008 株式会社ツインシステムズ All Rights Reserved.