ポータルサイトのからくり 「ポータルサイト」をご存知ですか? インターネットで何かを検索した時によく見る「○○○一括見積」「○○○ ドットコム」って感じのサイトの事です。 確かに地域の業者を紹介してくれたり、同時に数社からの見積もりを取れたりと便利な面もあります。 しかし、サイトを運営しているのは、探したい業種の会社が運営している訳ではありません。 いろいろな業種のポータルサイトを構築して運営している会社がほとんどです。 実態はサイトに業者を登録して、登録業者にお客様を紹介しているだけです。 業者はサイトに登録する費用は必要ありません。すべて無料で登録業者として登録されます。 もちろん、そのサイトを利用している利用者(お客様)にも費用は発生しません。 全て無料なら良いことばかりじゃないの?どこに「からくり」があるの? ポータルサイトの仕組み サイトを運営している会社はボランティアで高額な費用を掛けて運営している訳ではありません。 利用者から問い合わせがあると、登録業者に自動的にメールが届くシステムです。 運営会社によって、システムの違いがあると思いますが、メールを送った時点で登録業者に「料金が発生」します。 または、成約できた時点で、成約金額の20%~30%の手数料が登録業者に発生します。 これが運営会社の利益となり、会社を運営していけるのです。 遺品整理の業界も大小含めて6000社と言われる業者が存在しています。当然ながら価格競争がはげしくなります。 ただでさえ利益が少なくなっている現状で、登録業者が少ない利益から手数料を支払うことは難しくなります。 じゃあ、誰が手数料を払っているの? 手数料を払っているのは、利用者(お客様)なのです。 通常の価格に手数料を上乗せした価格で見積もりをして、その金額が成約金額となります。 現在の日本で利益が20%も30%も取れる業界は、ほとんど無いと思います。 そんなに手数料を払ったら業者は確実に赤字になりますよね。 赤字になってでも手数料を払う業者はありませんから、成約金額を通常より高くして手数料を払うようにします。 ご安心ください。当社は、そういったポータルサイトには登録していません。 少しでもお客様の費用負担を軽減するために日々努力しています。 見積もり、相談何度でも無料。お気軽にお電話ください。 メールでのお問い合わせ