こんにちは。 最近お見積りにお伺いする時に耳にする事が多くなりました。 ご実家のお父様、お母様がお亡くなりになり お住まいになる方が誰もいなくなり空き家になったままのお家。 遺品整理をしなければと思いながらも遠くに住んでいるため なかなか手をつけれないまましばらく放置状態になっていませんか? 誰も住んで居ないけど家具や家財はそのまま。 このようなお家は空き巣の標的になりやすいのでご注意ください。 「だれも居ない」 「空き巣に入っても当分は気が付かれない」 空き巣にとっては好条件が揃っています。 先日お伺いした山口のお家もその一つでした。 1年ぐらい前に他界されそのままにしておいたご実家ですが 窓ガラスを割られ空き巣被害に。 盗られたものは大型の液晶テレビ、掛け軸、骨董品の壺などなど、 高価なものだけを根こそぎ持って行かれたそうです。 幸い現金や通帳、貴金属などはあらかじめ持って行ってたので 被害にあいませんでしたが、まだ心が癒されないうちに ひどい目にあったと嘆かれていました。 家財が盗難にあうだけならまだしも最悪火でも点けられて ボヤになったり、火事になったら取り返しがつきません。 そのような被害に逢わないためにも、なるべく早く家具家財を整理しましょう。 空き巣も家の中を覗いて何も無かったら入りません。 ガラスを割られる事もいたずらされる事も無くなると思います。 くれぐれも被害に逢わないようご注意ください。