中四国地区の遺品整理専門会社「中四国整理センター」 家の片付け、ゴミ屋敷片付けもご相談ください。
  • 家片付け・遺品整理の中四国整理センター

ゴミ屋敷予備軍(若年層)

  • HOME »
  • ゴミ屋敷予備軍(若年層)

もしかして ごみ屋敷予備軍

若い世代のゴミ屋敷・ゴミ部屋予備軍
若い世代のゴミ屋敷予備軍

あなたもゴミ屋敷・ゴミ部屋予備軍になる可能性はゼロではありません。
毎日遅くまで仕事をしていて、スーパーやコンビニで夕食を買って帰宅する。
このパターンが定着している人は特に要注意です。

忙しい毎日を送っていて、疲れた体で飲み残しの入ったペットボトルや缶や、惣菜のタレのこびり付いたスチロール皿をきれいに洗って捨てる事が出来ますか?
雑誌や漫画を束ねて重たくなった資源ゴミを何度もごみステーションまで持って行けますか?
「回収できません。分別して出してください」という貼り紙を貼られて、出したゴミ袋を残されたことはありませんか?
真面目な人ほどどうしようと考え込んでしまいがちです。
その間に部屋の中のゴミはどんどん溜まっていくのです。
誰でも手間の掛る事はやりたくない、面倒な事は後回しにしたいものです。
ついつい面倒になり可燃物・不燃物を一つにまとめたくなるのは人情。
その結果は「回収できません。分別して出してください」と張り紙をされてしまいます。
真面目な人は特に次からはチャントと分別しようと思い、考えている内にどんどんゴミが溜まっていく事が多いのです。

テレビだけがゴミ屋敷ではありません。
外までいっぱいのゴミ屋敷

ゴミ屋敷と聞いて、イメージするのはテレビで話題になるような家の外までゴミで埋もれた「ゴミ屋敷」。
ちょっと変わった年配男性や片付けられない症候群(ADHD)の女性。
しかしその存在は実は1%以下と言われています。現実の99%は普通の人々。
「後は自分がやっておきますから」と一人残って仕事をしているような真面目な人こそ、「ゴミ屋敷・ゴミ部屋」に悩んでいる場合が多いのです。
毎日増える「ゴミ」との戦いに負けそうになっている多くの真面目な人たちの部屋、友人や恋人にも見られたくない。
このような部屋が「ゴミ屋敷予備軍」で「隠れゴミ屋敷」と呼ばれる多くの事案です。

 

無理してでもルールに従う
ゴミ屋敷予備軍

毎日買うスーパ、コンビニのゴミが入ったままのレジ袋が「隠れゴミ屋敷」の主なゴミの種類です。
ゴミ屋敷・ゴミ部屋にならないためには、食品のタレなどで汚れたスチロール皿は食後に洗って袋へ、瓶や缶も洗って別々の袋へ、吸殻は灰皿へ、雑誌は束にして指定の日時にゴミステーションに、几帳面にお住いの地域のルールに従ってゴミを出すしかありません。
ゴミ出し時間に仕事をしている人は特に無理をしてでもルールに従わねばゴミは溜まる一方になります。
また、ゴミ屋敷・ゴミ部屋は消防設備の点検・ガス・電気の立ち入り検査や近所からの苦情(悪臭・ゴキブリ大量発生)などで必ず大家さんに発覚します。
強制退去となると片付けやゴミの処分費用、引越や新居に必要な費用など、さらに余分な費用がかかってしまいます。

そんな状態になりつつある方、またはすでになってしまっている方も、諦める必要はありません。
今すぐご相談ください。家族や恋人、友人、誰が訪ねて来ても、いつでも「どうぞお入りください」と言えるお部屋へお戻しするお手伝いをいたします。

見積もり、相談何度でも無料。お気軽にお電話ください。

メールでのお問い合わせ

中四国全域の遺品整理・家の片づけは 今すぐお電話ください TEL 0120-755-747 電話受付 08:00~19:00 メール受付24時間

PAGETOP
Copyright © 2008 株式会社ツインシステムズ All Rights Reserved.